関節が太めの人の選び方

ハート

ちょっとしたコツです

結婚指輪を選ぶ時に、指の関節が立派過ぎて、ピッタリサイズの結婚指輪だとクルクル回ってしまい困る人は、ちょっとしたコツで解消します。一番はクルクル回っても大丈夫なシンプルな指輪や、一周同じデザインを入れる指輪です。シンプルな指輪やデザインが取り巻いてる指輪なら、クルクル回ってようと周りから見ても分からないです。でも、回るのが嫌とか、こった装飾したり誕生石やダイヤモンドを入れたいのであれば、幅の広い指輪か肉厚の指輪を選ぶと良いでしょう。サイズが一緒でも、幅の広い指輪なら指の肉が外に流れないので幅の細い指輪より安定してつけられます。それに幅の広い指輪は、存在感も出るので関節も気にならなくなるでしょう。次はサイズ選びです。関節が太いからといって、指より太め過ぎるのを選ぶのは止めましょう。指輪は抜けなくなるより、知らないうちに外れてなくなる方が取り返しがつかないので、スムーズに着け外し出来るより、抜く時に多少引っかかってる程度のサイズを選びましょう。ただ、女性は妊娠中からムクミがちになる人が多いので、妊娠中も外したくないのであれば多少大きめを選んだ方が無難です。幅が広い物でも回ってしまうほど関節が太いのであれば、指輪を回らなくする指輪止めが販売されているので、それをつけるのも良いでしょう。結婚指輪をはめた後、指輪の内側に装着する物なので見た目にも分からないようになってます。一生つける結婚指輪なので、後悔しない物を選びましょう。